2012年04月29日

肥料のデザイン

DSC_0006-1.jpg家で花豆や大豆の肥料に使う、化成40号の袋のデザインが変わりました。
随分きれいになりました。

肥料はいいデザインだから売れるというのではないと思いますが、いいデザインだと農家の人が希望が持てる。



にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村


posted by Gonsuke at 07:19| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

もう出荷が始まっている花農家

近くの花農家では、アルケミラの出荷が盛んのようです。
今年は寒くて、灯油代がいつもよりかかったと言っておりました。
DSC_0002-1.jpg DSC_0008-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 07:32| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

農家の新商品子供の職業体験の受け入れ

家では中学校の職業体験や小学生のりんごの総合学習など、何年もボランティアで受け入れをしている。地元の小、中学校なので少しでも役に立てればと思い協力している。
一人でも農業に興味を持つ生徒や、りんごが好きな子どもが育てばいいなという程度の考えですが、とにかく子どもたちは新鮮です。
花咲地区の民宿では、田植えや稲刈りなどの農業体験を企画の一部に取り入れ集客をしている。

先日は、村の観光協会と都会の子どもの職業体験を企画している有名な企業の方が、農業体験について話を聞きに見えた。
農業を体験してもらい、それで報酬をもらうというのは初めての経験です。価格設定も難しいところでまだどうなるかは未定。
職業体験は銭になるのか?というところです。
職業体験もとうもろこしを播くところから始める企画とか、りんごの花摘み作業から収穫まで連続で実施できると、面白いものが提供できると思う。
都会から見える方は、回数の制限があり、収穫体験くらいしかできないところが残念です。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 06:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

観光農園の勉強に行く

苺狩りの観光農園に行ってきた。目的は苺狩り観光農園のノウハウをみること。視察ほど大げさでなく、視察同様得るものがある。
他の用事も、遊びもあったので、久しぶりに家内と二人で出かけた。
本当は静岡の石垣苺に行きたかったけど、時間と経費が捻出できなかった。

この日は県内の大きな農業法人で、直売所などもいくつも展開しているところの系列会社だった。苺にクラシック音楽を聴かせて栽培するという、旧群馬町にある有名なところだ。
観光農園はお客様の応対にすべてがかかっていると言っていい。
いくつか見習いたいことがあった。
今年のりんご狩りの営業に生かしていきたいと思う。
苺も美味かった。入園は30分食べ放題で1300円、時間はお客さんにおまかせ。そんなには食べられないのでわたしの場合1個100円か90円くらいだった。

この日は小さな子ども達の団体さんも来ていた。一角には小さなヤギもいた。
DSC_0018-1.jpg DSC_0001-1.jpg DSC_0002-1.jpg DSC_0003-1.jpg


料金を払うと、若い女性スタッフが、フリップを使って、苺狩りの説明と案内をしてくれた。手書きで絵入りのきれいなものだった。
DSC_0004-1.jpg DSC_0005-1-1.jpg DSC_0008-1.jpg DSC_0006-1.jpg DSC_0009-1.jpg DSC_0014-1.jpg   

土は少ししか使われていない。近代的ハウス栽培施設だった。
DSC_0010-1.jpg DSC_0013-1.jpg DSC_0011-1.jpg 

最後に苺のアイスかコーヒーのサービスがあった。
DSC_0016-1.jpg


にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 08:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

おぜあかりん

IMGP0876-1.jpg尾瀬の名前を使った苺を家内が直売所で買ってきた。
直売所は家も味噌とりんごチップを出荷している尾瀬市場さんです。
おぜあかりという品種で色はすごーくきれいな赤でした。
新品種らしいが詳しいことはわからない。
甘すぎでなく加工に向いているという話を聞いたことがあった。

IMGP0878-1.jpg
posted by Gonsuke at 18:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

JA利根沼田地区別座談会

昨日はJA利根沼田地区別座談会片品支店会場に参加してみた。片品村では違う日に合計三か所で開催された。
参加者は少なく、主催者側がはるかに上回っていた。
参加者が少ないと、質問のし放題でいろいろなことが訊けた。内容については書かないけれど、やっぱり参加しなければ話にならない。
昔の知り合いが、JAの重役になっていた。
posted by Gonsuke at 08:30| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

第6次産業ってどんな産業のこと

前の記事で6次産業と書きましたが普通はわからないと思います。
簡単に言うと
第1次が農林漁業
2次が工業
3次がサービス業
4次は昔は無かったけれど、
今ではソフトと情報通信業となっているらしい。では5次産業と言われるものも無いのに、6次とは何だということになります。

6次産業とは?
農業関係のドン、東大の今村奈良臣教授がつくりだした造語で、農業が衰退しているので、各産業の寄せ集めでなく(足し算)有機的・総合的結合を図るととしての掛け算として6次産業化を提唱しているものらしい。
農家に栽培から加工、販売、サービスまでを総合的に取り組んでもらい、2次産業、3次産業が得ていたさまざまなものを農業者自身が得ることによって農業の活性化を図る政策のようです。

posted by Gonsuke at 12:24| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

どうなる10年後の農業

10年後の日本の農業はどうなるか‥、などわたしにはわからないし「オラー知らねー」というところです。

去年1年の農業の反省をしてみた。栽培面積を減らしても所得はそんなに減らさない方法が見つかった。年齢とともに面積は減らすけど、所得は現状維持に持っていく方法、これにはある技術を上達させなければならない。
面積を減らさない方法だと雇用に頼るわけだけど、雇用は経費がかかり、かなり難しい。
人を雇って規模拡大という方法も上手くいけば素晴らしいけれど、自分にはその能力はないような気がする。
とりあえず、現状把握と、10年後の目標をしっかり家内と話し合う必要がある。
家の農業が、日本の農業の縮図だと思う。
posted by Gonsuke at 10:40| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農産物直売所

今日も雪が降っている。一日おきくらいしか剪定ができない。

どこかに出かけると大抵農産物直売所によることにしている。11日は旧月夜野まちの直売所と久しぶりに川場村の道の駅にも寄った。
川場では、乾燥りんごの赤ワイン漬けとりんごのパウンドケーキというのを買ってきた。りんごのケーキは先ほど食べたけれど非常に美味かった。栽培農家の方がやっているのではないけれど、りんごを生かした加工品作りはこうゆう道もあるのだなと思う。我が家と同じ星野さんという方がやっている。
製造者は「野菜スイーツのべじ太」さん。紹介はここに出ていました。ホームページは無いけれどツイッターはやっている

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 10:10| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

農協の座談会

利根沼田農協の本部から役員が来ての座談会だか年間業績の報告会だかの会議が次の日程で開かれるようです。
3/8 18時集荷センター
3/14 18時花咲地区
3/15 18時片品支店

今年はどこかに参加してみようと思います。
合併して、農協が遠く感じたり、職員がやめたり、業積によって規模が縮小されたものがあったり、活気が無くなったり、さらにまだ縮小や撤退が本当にあるのか、農産物の売り上げはどうだったのか、などいろいろ知りたいことがあります。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 08:46| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

りんごふじの栽培

先日りんごジュース用のりんごを再選別して、ジュースの製造委託先(農協片品加工センター)に搬入した。
その時また思ったのだけれど、片品村でりんご「ふじ」を栽培するのは難しい。
ふじは普通標高600mくらいがいいとされている。このあたりは860mあるから少し標高が高く、玉伸びが悪い。もう少し粒が大きくなれば収量も伸びるのだが。ただ単に標高が高いというだけでなく、栽培技術の難しさもある。
ジュースにもならないものも多くでたし、ジュースにしかならないものも多くある。これらが普通に生食として販売できれば、家でも50万~100万円くらいの増収にはなると思うのだがこれが難しい。
適正な剪定、摘果、肥料でかなりカバーできるはずだが、まだ技術として固まっていない。
百姓は一生勉強だと言われるけれど本当です。
今年のりんごジュースは材料を厳選してつくります。小さいけれど色はいいものを揃えた。
DSC_0011-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 14:26| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

農家の婚活

農家の婚活には、農家以外の人たちと畑を一緒に一年間耕すのはどうだろう。
遅い結婚だったから、なかなか結婚したくてもできない人の気持ちがよくわかる。

映画『恋するトマト』の前半は大地康雄と冨田靖子が結ばれそうになるが破談になる話だった。これは切なかった。最後のハッピーエンドは泣かせます。
posted by Gonsuke at 08:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の政治

日本の政治はこれで大丈夫なんだっぺか。
新しい首相はなんか素人みたいな感じがする。
今度は自民党にといっても、大きな不安がある。
マスコミも信用できないという人もたくさんいる。

とりあえず自分が一番よく知っていることを通じて政治や報道をみていくしかない。
posted by Gonsuke at 07:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

農業は昔から儲からないものらしい

元旦の全国農業新聞山下惣一さんが、対論混迷の中をどう生きるかという記事の中に、長い序の説明のあと次のようにまとめています。「儲かる農業などない。農家の労働の対価はまだまだ少ない、これからは成長よりも循環、拡大よりも持続、競争よりも共生。これが日本の農村の論理であり、農業の原点だ。勝たないまでも負けない。儲からないが潰れない。つましいながらも平安で幸せな人生のために、今こそ百姓に戻ろうとわたしは呼びかけたい。」と書いておりました。

わたしも何か薄々感じていたことを、山下惣一さんが分析してくれました。
儲けようなどと思わなければ相当気楽に仕事ができそうです。
わたしにとって、井上ひさしさんも亡くなり、農業の指針を与えてくれるのは山下惣一さんだけになりました。
posted by Gonsuke at 08:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

農業関係研修会講師

12/20認定農業者と農業委員さんの研修交流会で、ネット販売の体験話をさせていただいた。初めてではないけれど、結構かんだりして呂律が回らいところがあった。多少は参考になればいいのだが‥。この日は認定農業者の人は少なかった。年々少なくなっているのではないか。
お金をかけてもっといい講師を呼ばなければならないのではと思う。
たとえば、昭和村の沢浦さんとか、片品出身のNExUS星野さんとか、同じく片品出身のパティシェの柳さんとかいつもそんなことを考えたり、提案したりしているけれどまだ実現はしない。
posted by Gonsuke at 07:51| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

県品評会の入賞作

21日と22日に行われた県の品評会のぐんま名月入賞作を家内が県庁に行ったついでに撮ってきました。
左から金賞、銀賞、銅賞、そして入選なしの林檎亭のものです。
IMGP0757-1.jpg IMGP0758-1.jpg IMGP0759-1.jpg DSC_0002-1.jpg
来年こそは入賞目指して頑張るべーと今は思う。
posted by Gonsuke at 09:12| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ТPP交渉参加に反対

わたしはТPPに反対です。一度講演会を聞き、本を1冊とネットの記事を読んで判断しました。あとひとつ農業で作家の山下惣一さんの意見も参考にしています。では何をしたかというと、反対署名をしたくらいですが。この問題はどうなるんでしょう。
商工会議所の人たちは参加を要望しているみたいだし、庶民も考えはまッ二つ。いや3つですかね。よくわからないなども多いいです。
このことが発端で政界再編にもなりかねない様相を呈しています。

野末陳平さんはこの問題についてこんな見方をしています。ТPPから消費税値上げに向かって野田政権が道筋をつけていくと‥。
posted by Gonsuke at 02:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

片品村の農産物放射能汚染について

放射性物質汚染の調査を県が実施しました。
一番新しい検査の結果が10/5に県のホームページに出ています。
片品村でも今回大根を検査をしたようです。検出無しとでていました。
それ以前もアスパラやレタスなどで調べて、大丈夫だったようです。
とうもろこしやりんごは調べていませんが、同じ地域の同じ土壌で栽培しているので、大丈夫だと思われます。

お客様から、放射能について3件ほど問い合わせもありました。中には心配されている人たちがいるようです。
知っているすべての情報を書いて返信しました。

りんごはセシウムを排出する成分が多く含まれているそうです。
また畑のとうもろこしは、セシウムを吸収しにくいと言われています。
その情報は種苗屋さんと雑誌などで得ましたが、そういうデータがあるそうです。

放射能の問題では、これから原子力発電所をどうするかということがもう一つの重要な事柄です。自分では結論をだしてこうしようと心にきめました。

posted by Gonsuke at 07:23| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国の農業支援策

この間の新聞に次のような記事が出ていた。
これで農業後継者は増えるのか‥。

農林水産省の2012年度概算要求の全容が27日、分かった。若い世代の農業への参入を促すため、原則45歳未満の新規就農者を対象に年間150万円の給付金を交付する。交付期間は就農前の研修2年間以内、就農後の5年間以内で、最長で計7年間とする。 当初は39歳以下を対象とする方向だったが「対象年齢を広げるべきだ」という与党の意見を受けて拡大した。また農業法人の若手雇用を促すため、法人側に実践研修費として月額10万円、最長2年間給付する。こうした「新規就農総合支援事業」で計158億円を計上する。
posted by Gonsuke at 06:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。