2012年11月19日

農産物直売所がまた一つできる

img054-1.jpg来春沼田市白沢町に農産物直売所ができる。経営はJA利根沼田で、ここにできると白沢望郷の湯の直売所や川場村の田園プラザ、近くの漬物処加作さん、わたしたちが出荷している尾瀬市場さんなどとも競合することになるだろうか。
「心配はいらない」農協はその種の経営がうまくないからと言ってる人もいる。
これからの農産物直売所は運営が難しく、半分はつぶれてもおかしくないというコンサルタントもいる。これからはどう独自のスタイルをつくりお客さんを獲得していくかが問題だろう。
そのくらいはわたしにもわかる。こういうときは民間の方が強いと思う。やりたいことが自由にできる。農家にとっては売り口が一つ増えることになり、悪いことではない。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村


posted by Gonsuke at 08:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

職業体験その弐

昨日はりんごの玉回しと葉摘みの仕事をしてもらいました。
1個落とすと150円だよと冗談を言ったりしました。
中学生の真剣なまなざしが撮れました。体験のネタはこれでお終い。
DSC_1299-1.jpg DSC_1297-1.jpg

花豆の収穫は難儀をしたようです。
DSC_1303-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

原点はいい農産物をたくさん作ること

一年に一回か二回、ネット販売の経験談を話してくれますかと頼まれることがある。
今年も頼まれた。普通は喜んで出かけるのだけれど、今年はいけない。
その体験談の中でので結論は「必ず戻るところは、いい農産物を多く作ることです」とまとめるのだが、今年はそれができなくなってしまった。それができないと、人前で話をする資格がない。
今年は、いい農産物をたくさん生産することは、それほど簡単ことでは無いと実感。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 07:36| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

片品村のアジサイ・ミナヅキ

片品村では、紅葉したミナヅキというアジサイの出荷が始まっています。
この鮮やかな赤は片品村でなければ出ないといわれています。
10-5-08-aji.jpg 10-9-08-aji.jpg DSC_0022-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 07:39| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

新しい農産物

花おくらという新しい農産物です。これは花を食べるものらしい。
畑ではこんな感じで咲いています。
DSC_1109-1.jpg
 DSC_1112-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 07:48| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

花おくら

近くの農家の50歳代の女性新人さんはいろんな野菜を栽培して直売所に出荷している。
その人の畑をみて何の花かと思っていたら、花おくらだという事がわかった。昨日まで知らなかった作物です。
食べ方はここに詳しく書いてありました。
DSC_1098-1.jpg

あと同じようなもので花ヅッキーニというのもあるらしい。
posted by Gonsuke at 05:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

農協集荷所の朝

家内の話によると今朝の玄関前は8度Cだったらしい。

朝の8時に農協の集荷所に行ったら、レタスの遅口のトラックが出て行くところだった。
早いのは今日のお昼にはスーパーに並ぶらしい。
トマトセンターの人もスタンバイしていた。
アジサイも出荷されて選別の用意がされていた。
農協集荷所の朝も早い。
DSC_1067-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 08:37| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

尾瀬新鮮組

村の若いしが仲間を集めて、尾瀬新鮮組というグループを作りました。
今日鎌田の役場隣、花の谷公園で行われるトマト祭でデビューするそうです。
自分たちで作った農産物を販売するそうです。
これからの片品の農業を担う人たちです。
声を掛けてあげてください。
posted by Gonsuke at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

明日のためのヘイオーツ

とうもろこしを収穫した畑には、ヘイオーツというえん麦を播く。
来年のための土作り。これはキタネグサレセンチューの軽減につながるということで、毎年9/15までに播くようにしている。
DSC_0954-1.jpg
posted by Gonsuke at 09:06| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

昭和村の農業

赤城山西麓の沼田市利根町多那地区と昭和村の農業は絶え間なく進化している。
同じ大規模でも嬬恋村と違うのは、いろんな農業が混在していることだと思う。
一年中ホーレン草を栽培する人や、トマトなどの施設野菜、こんにゃくとかレタスとか、りんごもあるし酪農家もいる。
身体のメンテナンスの帰りに通りかかったので何枚か写真を撮りました。
DSC_0917-1.jpg DSC_0913-1.jpg DSC_0914-1.jpg DSC_0910-1.jpg DSC_0909-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 09:40| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

新しい農業の形

この夏有名企業のキッザニアさんの仕事をすることになりました。
夏のとうもろこしの収穫体験の受け入れです。
旅の途中で収穫体験をするという日程のようです。
2回の打ち合わせをして、いろろ勉強になっています。
そのほか販売業者のJТBさんとも打ち合わせを済ませました。
また地元の観光協会さんが中心なとので、そことも何度も打ち合わせをして進めてきています。
お客さんの心をつかむには、お客さんを増やすにはという点でいろいろと参考になることばかりです。

これが商品化されて、近日中にJТBさんから売り出しになるようです。
posted by Gonsuke at 08:57| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

嗚呼りんごづくりは、ム・ズ・カ・しい

りんごは、モンパとフランに気を付けていれば、たいてい大丈夫だと思っていたら、思わぬ落とし穴があった。
去年の黒★病が残っていて、今年相当やられてしまった。
場所により全く大丈夫のところもあったりする。
やることはやったので、様子を見るしかないのだが、りんごの草刈りをして何度も何度もその病気の葉っぱを見ると泣けてくる。
そんな時は映画の新藤兼人監督が言ったことを思いだす。100歳近くになって言った言葉だ。
「いつも前だけ見ている。泣きたいことがあってもけして泣かない」。
posted by Gonsuke at 08:28| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

宮崎の百姓隊

НHKのニュウースウオッチ9でやってたらしいけど、今話題の「百姓隊」のホームページを見た。
なかなか斬新です。動画もいくつかあった。
会社もホームページも目を引く。
ここのホームページは勉強になること請け合い。
6-30-12hyaku.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 01:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

幟旗一つ

DSC_0203-1.jpg農協に行ったら写真のような幟がはためいていた。
TPP断固反対。

今度の衆議院議員の選挙はいつになるのかわからないけれど、メインは消費税か、脱原発か、TPPか?選挙では一つに絞れないから、民意を問うなら、住民投票が一番いい。消費税率値上げは選挙の前に決まるかな。
昔、選挙では消費税を導入しないと各党が言ってたのに、DAIGOのおじいさんが導入してしまったという記憶がある。


posted by Gonsuke at 07:23| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

新規トマト農家の生き方

すぐ近くのトマト農家の動画がユーチューブに載っていました。なかなか恰好いいですよ。
暇があると片品のことや農業のことを探しています。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 06:24| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

尾瀬のレタスと大根の出荷はじまる

片品村の農産物のトップスリーは、トマト、大根、レタスです。
その中のレタスと大根の出荷が始まりました。トマトは7月10日ころからだと思います。
スーパーで見かけたら片品の野菜をお願いいたします。
初物として、親戚から大根をもらったけど、色もきれいでうんとうんまかったよ。
posted by Gonsuke at 06:29| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

嗚呼ネグサレセンチューにお手上げ

ネグサレセンチューというものすごく小さな虫が、とうもろこしの根に入り、成長を阻害します。
とうもろこしの場合、この虫の退治はヘイオーツというえん麦を播くしかないようです。農薬は使えないらしい。えん麦は毎年播いているのですが必ず効くとは限らない。密度は少なくなっていくはずだが‥。
もうどうにもならなくて、この畑では作れないのかと思うけれど、ここしか白いとうもろこしを播くところがないため(近くに黄色種があると交配してしまう)今年も播きました。
もういきなり減収です。これには落胆してしまう。
作物は、天候や、病気が動物などの被害から逃れたものだけが収穫になり、お客様のところに届けられるのです。
とうもろこしは、収穫にこぎつけるのは当たり前のことのようだけど、何としてもたどり着けないこともあります。

写真正常なものはみどり、センチューに取りつかれたものは黄色くなって、成長がストップします。
DSC_0002-1.jpg

DSC_0003-1.jpg DSC_0004-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村
posted by Gonsuke at 07:14| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

おぜの紅

群馬県が力を入れて栽培を奨励している新品種「おぜの紅」が順調に育っています。
まだまだ試食程度で少ないのですが、来年からはかなり売れるようになると思います。
9月15日過ぎに食べられます。
DSC_0012-1.jpg DSC_0011-1.jpg DSC_0010-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 06:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

帰ってきた蚕道具

農協に貸していた蚕の桑を刻む道具が返ってきました。
座桑機という名前のようです。
さぁー返してもらったけれど、どうしたらいいか考えものです。
ほしい方はいませんか。
それとまぶしを折る時の骨組みになるちょっとした道具と秤です。
包丁の部分を見てギロチンを思いました。
DSC_0001 (0)-1.jpg DSC_0003 (0)-1.jpg
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ

にほんブログ村
posted by Gonsuke at 01:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

片品で農業を始めたいという人が出てきますかね

東小川地区に借りている畑の隣の人と話をした。
この地区でも農地が余ってきているようだ。
やはり年齢が大きくなり、縮小したりやめる人が出てきたという話だった。
林檎亭の近くの畑も、大規模経営から、トマト栽培に変える人が出たため、来年は余るということになり、家でもいい畑を借りられるようになった。猿やイノシシの出そうな畑や、小さな畑、日陰の畑などを返して、近くのいい畑を借りることにする予定。

話をした人も、わたしもそう遠くないうちに縮小しようということになるのでさらに畑は余るねという話をした。
これは片品村どの地区でも同じような感じだと思う。余る理由は二つ、大型野菜の大根やレタスの大規模経営から、トマトなどのハウスの小面積の経営に変わること。もう一つは高齢化による縮小ですかね。

雇用して経営が成り立つのなら、縮小しなくても、規模拡大もできるはずなんだが、そのことは余り具体的に考えたことはない。

片品村でそれらの畑を利用して、トマト栽培をすれば新規就農の人もすぐに食っていける現状にはあります。
国からの新規就農者支援事業を利用し、研修期間を経て、経営が安定するまで、年間150万円の補助が受けられるらしい。
これにプラスして村が、生活のバックアップ体制を確立すれば、農家が増えて、荒地は増えないし、片品の農業の起爆剤にもなる。もちろん人口も増えることは確かです。
この事業は実家に帰ってくる人にも適用されるので、農家の息子さんたちも、Uターンの一つのきっかけになると思う。

この間そんなことを考えた。もっと詳しく具体的に考えたのだけれど、日が経過したら少し忘れてしまった。

初めて@農業を始めたいというサイトがありました。
posted by Gonsuke at 01:00| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。