2014年04月23日

今日の仕事は接ぎ木です。

林檎亭では、今年も少しだけ、りんごの更新をします。比較的多く栽培している「ひめかみ」に評判の新品種「おぜの紅」を接ぎ木して増やします。
一本の木がまるまる「おぜの紅」になるまでに4年から5年くらいかかります。1本の木に20カ所以上接げば早く更新できるのですが、それほどは接げません。「ひめかみ」を収穫しながら「おぜの紅」に変えていきます。
「おぜの紅」は群馬県が育成した、9月の新品種です。何人かのグルメの人に試食をしていただきましたが、この時期のものとしては美味しいと好評を得ました。
名前からして片品にぴったりの品種です。
写真は接木道具と殺鼠剤などがはいった道具一式と、接ぎ木した木の一部です。
P4220007-1.jpg P4220003-1.jpg

これは「ひめかみ」から、「おぜの紅」に変わったりんごです。
DSC_4303-1.jpg





posted by Gonsuke at 09:11| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 片品林檎亭の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。