2014年03月26日

最近みた映画の中から

最近見た映画は殺人のおきる映画が多かった。
近くの若いしも言ってたけど「また殺人ですか?」どうしてだかわからないけれど、そういう作品が多い。これも永山則夫のことを知ってから始まった。
白石和彌監督『凶悪』 これは怖かった。ほんとに凶悪な人がいるんです。
新藤兼人監督『絞殺』 もしこのような子供が、自分の家にいたら‥。どうしてこうなったのか。わたしは新藤兼人はかなり好きな監督です。
深作欣二監督『仁義なき戦い』 終戦直後、次々にやくざの抗争で組員が殺されていく名作。
若松孝二監督『千年の愉楽』 中上健二の原作らしいが知らなかった。中本の美しい男たちの血を描いている。
青山真二監督『共喰い』 芥川賞、三島由紀夫賞、川端康成文学賞などを受賞した田中慎弥の原作。彼は受賞の日に石原慎太郎にかみついた凄い作家です。その原作者が絶賛している。
そんな中で笑って泣かされたのは、内村光良監督『ボク達の交換日記』 映画が大好きなうっちゃんの監督作品。お笑い芸人の物語。いい作品でした。

最近は、演劇や、落語から離れて、すっかり映画ファンになってしまった。



posted by Gonsuke at 20:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。