2014年02月25日

山田太一は80歳

山田太一は昔から結構好きだった。
特に『ふぞろいの林檎たち』は思い出がある。中井貴一がやっていたのは、仲手川君。その役名までまだ覚えている。
青春群像劇の傑作です。主題歌『愛しのエリー』も重要な役割をしていた。
 数年前に連続もので、『ありふれた奇跡』(仲間由紀恵と加瀬亮主演)もよかった。特に二人の親が面白かった。風間杜夫と岸部一徳が女装するシーンまであった。あれは傑作だった。
山田太一のドラマはセリフ回しが独特で、リズムがある。
番組で山田太一は、役者に「セリフだけはしっかり云ってほしい」と言っていた。

また地人会に書いた戯曲も沼田演劇をみる会で上演されているので何本も見た。
その山田太一は80歳になったらしい。
最近自伝的エッセイ『月日の残像』(新潮社刊)の宣伝で大沢悠里や宮崎美子のインタビューを長時間受けていた。
この話を聞けばどうしても買わないわけにはいかない。

そしてこの間はテレビドラマ、東日本大震災の庶民のその後を描いた『時は立ち止まらない』を見せてくれた。
余談だけれど、近くの奥さんは、山田太一の直筆の手紙を持っている。

 にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村


posted by Gonsuke at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。