2013年09月14日

温泉天国群馬県

『いい湯だな』 詞・永六輔 曲いずみたく 歌デュークエイセスは群馬の温泉を歌ったヒット曲です。

先日の県温泉アドバイザー養成研修の資料に出ていたのですが、江戸時代、文化14年(1817年、浦賀にイギリスの船が来た時代)に温泉番付(諸国温泉効能鑑という名称で)が発表されています。
これを見るとぐんまの温泉がたくさん入っています。
大関 草津
前頭 伊香保
そのほか
老神、河原湯、四万(鳩の湯という名前)、沢渡
と出てきます。

さらに現在では、群馬県35市町村の内27の自治体で温泉が出ているそうです。まさに温泉天国です。
温泉の無いところは、館林、板倉、明和、千代田、大泉、邑楽、神流、玉村です。
posted by Gonsuke at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉ソムリエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374738464
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。