2013年07月20日

インターネット直売所の繁盛を願って

この記事は、自分のためのまとめですが、ネットを利用して商売をされている方に少しでも参考になれば幸いです。

久しぶりにネット販売のセミナーに行ってきた。
何度もお世話になっている、県産業支援機構様主催のIТセミナーです。
講師は潟Iリジナルランドの中小企業診断士石井孝昌氏でした。
演題は『興味あるけど今さら聞きにくい‥‥これから始めるIТ活用術』という講座です。
どちらかといえば初心者向けで、新しい、知らない情報もたくさんありましたが、いままでやっていることだったり、やり方を変える必要があることなど、ネットで農産物を売るために参考になりました。

内容はざっとこんな感じです。
最近のインタネット事情
ソーシャルメディアの種類、年代別利用者、端末機器保有台数などなどの実態
SNSとは
ブログ、ミクシー、フェースブック、ツイッター、動画投稿サイト、Q&Aサイト、ライン、クラウド、LТEなどの説明とそれらで出来ること
媒体別(ホームページ・ブログ・フェースブツク・ツイッター)に何が出来るかと

最後のパートは売るための術の手ほどきを受けました。
ホームページ、ブログなど、文字背景などの色、レイアウト、ストーリーの演出、写真のなどなどの作成上の重要性
顧客の購買プロセスの把握
検索エンジンの考え方
最低限のSEO対策
アクセス解析の利用
「グーグルアナリティクス」を使う
リピーターの育成
客単価増強策
インターネットは特効薬ではなく、日々の努力の積み重ね。これを怠ると効果はほとんど期待できない。

セミナー受講後の林檎亭々主の第一回まとめは次の通りです。
基本情報はホームページで
新着情報はブログで
お客様との双方向交流と新規のお客様獲得はフェースブックで
それらのサイトの内容を日々高めていくことを日課とする。
日々高めていくと云うことは、写真技術の向上と文章力アップに努力する。
さらに物事を見る視点の自在ができるようになること
もし質問がありましたら、ご遠慮なく。
フェスブックの林檎亭もご覧ください。
https://www.facebook.com/ringotei

わたしたち林檎亭スタッフ(‥と云ってもわたしとかみさんだけですが)も栽培が一番ですが、時間が少ないながらも販売を出来る限り頑張っています。それをある人は涙ぐましい努力言ってました。
小さなネット産直農家もいろいろ努力をしてるんですよ。
落語家の真打披露の口上ではないけれど、
お客様あってのネット産直農家、これからもガンハリます。ご贔屓を隅から隅までお願い申し上げる次第でございます。
12-1-12−千客.gif
DSC_0001-1.jpg

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村


posted by Gonsuke at 08:04| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・シンポジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。