2013年03月02日

久しぶりの猿

どこに潜んでいたのか、久しぶりに林檎亭近くで猿をみた。十数匹の群れで子猿はいなかった。夏は母親の背中に乗っている小さな猿がいたのだが一匹もいなかった。例年より温度の低い冬を乗り切れなかったのか‥。
大きな栗の木の下で餌をあさっていた。近づいて行ったら、つつーーーと素早く逃げて行って、やっと写真が撮れた。集落のそばには来ないでと、花火を2本上げて追い払った。
最近になって、このあたりの畑ぎわの桑の木や雑木の皮がむかれて食べられた跡が何カ所もあつた。毎年同じ季節に同じところを廻って餌を探している。
冬に猿が出てくると、春が近づいてくる。昨日とおとといは猿にとっても過ごしやすい気候だったと思う。
今日はまた吹雪。
 DSC_2335-1.jpg DSC_2332-1.jpg 


posted by Gonsuke at 09:48| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 猿などの鳥獣被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。