2013年02月09日

驚きの果樹の新技術「樹体ジョイント栽培法」

2/7前橋の群馬会館に農林水産関係成果発表会を聴きに行く。一度行ってみようと思っていた事がやっと実現した。
お目当ては「農村女性起業間セット販売の企画・販売を通じた新たな企業活動の支援について」。
高崎の女性起業の連携によって未来が開けてくるような活動の紹介。これはうちみたいな小さな所も、周囲の加工品を販売しているところと手を結んだり、まとまって直売所などにアピールするとい点で参考になりました。
今度家も商品を増やすために花豆の甘露煮を委託で作ってもらいます。どこかにりんご酢を作ってくれるところは無いかこれはなかなか見つからない。

午後の部では果樹の新技術「樹体ジョイント栽培」の研究についての発表があった。全国の20か所近くの研究機関が作物別に担当して研究しているという。群馬はスモモ、りんごは長野と宮城県が担当しているらしい。平成25年度までやるという。
これを言葉で説明するのはムズカシイ。下のユーチューブとこちらをみてご理解ください。
これが成木園になってもりんごとは気がつかないような変化です。
本当にたまげた。


posted by Gonsuke at 19:42| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・シンポジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。