2012年12月24日

『談志が死んだ』・新潮社刊・立川談四楼著

12-12-24-談志が死んだ.jpg立川談四楼の私(詩・師・子・史・死・試・思・偲・資・賜・)小説『談志が死んだ』を読んだ。タイトルは回文で、後ろから読んでも「だんしがしんだ」となる。デビュー作『屈折十三年』もかなりの作品だったが、それをはるかにしのぐ傑作になった。
幾つもの師匠との思いで、兄弟弟子とのエピソードを絡ませて、、師匠談志の死から、お別れの会までの様子を活写する。
談志師匠の変節、理不尽な言葉の原因が病だとわかった時の、哀しい安堵の下りは素晴らしかった。
これは談志ファン、立川流ファン、落語ファン、必読の小説だと思う。




にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村


posted by Gonsuke at 02:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。