2012年02月20日

がっつり

いつの間にか「がっつり」という言葉が使われだして市民権を得たようだ。新しい言葉が時々生まれる。
がっつりという言葉はもともとは北海道かどこかの方言でたくさんとかたっぷりという意味だ。有名人がテレビかラジオで使うとみんながまねして使い始める。それなら片品の方言にも味わい深いものがある。
「あんじゃーねー」(あっちゃあねーともいう)とか「なんめっちゃい」なんという言葉も面白いと思う。流行語大賞になれば凄い。
「あんじゃあねー」
むかし、家の祖母は、江戸弁と同じような言葉使いをしていた。たしか明治の中ごろの生まれだ。アンジャーネェー 2000/3/14 (と)
 人を勇気づける、また自分自身も元気が出てくる、そういう言葉をさがしていました。フランス語でいえば「ケセラセラ」英語でいえば「ドンマイ」みたいな。世界にも十分通用する言葉で。駅伝とか競輪も世界の言葉になりましたが。それも片品弁もしくは、上州弁なら最高です。
 そしてとうとう見つけました。ホームページの群馬の方言とかをみたり、農協の片品弁の使い手、ヤマちゃんと話したりしてやっと見つけました。。それは「あんじゃーねー」と言う言葉です。元々は、案ずることはないから変化した言葉で、心配ない、大丈夫というような意味だと思います。  
 語呂もいいし、音もいい、さらに意味が非常にいいので使い甲斐がある。よその人にも話しかけられるし、自分自身にも言いきかせられる。発音しやすいし、世界にも通用するだろう。群馬片品が生んだ世界の言葉。アンジャーネェー。皆さん是非流行らせましょう。
 このネタは、4/15の群馬落語会同窓会、花咲落語会の漫談宍田権助のネタの一部です。


posted by Gonsuke at 08:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 片品の方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。