2011年07月23日

片品村にお礼のフラダンス公演

3月には南相馬市から、地震と津波と放射能から避難されてきた方が1000人近くおりました。今は100人くらいだとどこかに書いてありました。片品で仕事を得て生活を始めた方もいらしゃるようです。
もう4カ月経ちますがまだ南相馬から来られた方と話をしたこともありません。ボランティアにも行けず、義捐金もほんの少ししか出せませんでした。もっとも日本赤十字社では9月30日まで受け付けているのでまだ機会はあります。
これが現実の生活です。本当に余裕のない生活をしています。現地にボランティアで行く方、避難をされてきた方をサポートする方などみんな自分の仕事をなにがしか犠牲にして頑張っているのだと思います。頭が下がります。

昨日の防災無線放送ではこんな放送をしていました。
28日午後2時から片品村文化センターで、スパハワイアンズのフラダンスの公演が無料であるそうです。
避難してきた方を励ますことと、いち早く多くの避難民の方を受け入れてくれた片品村の方にお礼の意味を込めて踊ってくれるのだそうです。

これは
全国きずなキャラバンの名前で展開している復興支援ありがとうキャンペーンのようです。現在休業中ですが、ホームページに出てました。

今日は南相馬市から避難してきて片品で働いている民謡一家の方が農協の2階にある、今回の震災で避難されてきた方の交流施設「じぇじぇ・あがっせ」で特別演奏会を開くそうです。

今回震災に対応して生まれた片品のボランティアグループのブログはこちらです



posted by Gonsuke at 06:47| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害と復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。