2014年05月29日

とうもろこしの間引き

もう桐の花も咲いて、霜が降りなくなったので、とうもろこしの直まきの間引きを始めます。
2本生えているものを一本にします。これは恵味86という片品村に一番合っている品種です。
以前普及センターで比較試験をしてらった結果です。
P5280008-1.jpg P5280010-1.jpg

これは一番早い、極早生種スイートレモンです。7月25日頃の収穫予定です。
早い時期は85日くらいかかるのですが、まだ三分の一来たところです。
P5280007-1.jpg



posted by Gonsuke at 08:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうもろこしの種

とうもろこしの種は小さければ小さいほど甘いようです。 それはでんぷんと関係します。 詳しいことは忘れました。
写真は、今年作付けの味来390。
P5280001-1.jpg

恵味86、
P5280005-1.jpg

そして、新しく栽培する、おおものです。
P5280006-1.jpg

これを播種機で播きます。
P5280002-1.jpg

どれも似たような大きさです。みんな甘いと思います。大きくてしっかりした粒は、生えたちはいいのですが、若干甘さにかけると思います。
昔播いたピーターコーン445などは種の大きさも、実も大きいのですが、実が硬くやはり甘みが、もう一つでした。

結論は種は小さい方が甘い。

posted by Gonsuke at 08:43| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。